ページの先頭へ

教育研究グループShinka since 2014-06-17 / Copyright 2014. All Rights Reserved.

いじめられているあなたへ 必ず誰かに相談してください

学校でいじめられているあなたに向けて発信しています。私は教師18年、教育委員会3年目の者です。これまでの経験からアドバイスしています。学校での「いじめ」で悩んだら、信頼する家族・友人学校の先生に必ず話してください。

でも、これらの人に話しても、助けてくれない場合でも、決してあきらめないでください。次の人に相談です。「スクールカウンセラー」「人権擁護委員」「子供のSOSの相談窓口」です。

「スクールカウンセラー」は、中学校区に1名配置されている地域が一般です。この「スクールカウンセラー」は心の専門家です。大学院で心理の専門課程を研修・実習しています。「なぜ、心が傷ついているのか」「傷ついた心をどうすれば癒すことができるのか」等々、あなたに的確なアドバイスをしてくれるはずです。スクールカウンセラーに、今回のいじめのことを始め、家族、友達関係で困っていること、自分の性格面や勉強面で心配なこと等々、何でも話してみてください。きっと様々な心の葛藤が整理され、勇気の一歩を踏み出す力を与えてくれると思います。学校の先生に「スクールカウンセラーの先生と話がしたい」とお願いしてみてください。対話できる機会を作ってくれるはずです。

「人権擁護委員」に相談することもお勧めします。人権擁護委員とは人権相談を受けてくれる人のことです。いじめは人権侵害行為です。いじめについての問題解決のお手伝いをしてくれます。この人権擁護委員に相談する方法は、さまざまですが、パソコンで「人権教護委員 ○○県」と検索すれば、「人権相談ダイヤル」等と出てきますので、そこに電話して相談できます。また、学校から「SOSミニレター」等は配られていませんか?人権についての相談ができるので手紙です。この手紙に書いて郵便ポストに投函するという方法で相談もできます。必ず返信があります。

「子供のSOSの相談窓口」とは、さまざまな団体が「いじめ」等で傷ついている人を守るために開設している相談窓口です。

・子どもの人権110番(法務省) 0120-007-110

・都道府県警察の少年相談窓口(警察庁)

・児童相談所全国共通ダイヤル(厚生労働省)189

・一般社団法人日本いのちの電話連盟 0120-783-556

・チャイルドライン(18歳までの子どもがかける電話)0120-99-7777

この他にも地域ごとにたくさんの相談窓口が用意されています。これらの相談機関に電話すると、相談員があなたの悩みを真剣に聞いてくれます。勇気を出して電話してみてください。

いろいろ相談する人や機関を紹介してきましたが、お願いしたいことは「一人だけで悩んではいけない」ということです。粘り強く相談すれば、あなたにとって、最高のアドバイスに巡り会えます。そのアドバイスを実行すれば、いじめを乗り越えることができるのです。

次回は、いじめを回避する方法について、私の体験や教え子の姿から学んだことをアドバイスしたいと思います。

2017年4月9日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です